ここでは、軽自動車税その2ということで、軽自動車税の税額と車検を受けるときに必要となるの軽自動車税税証明書についてご紹介します。

軽自動車税 税額

※平成28年度から軽自動車税の税率が変更になっています。
税額は平成27年4月1日以降に新規検査を受けた車両能力ものを載せています。
()内の税額について
旧…平成27年3月31日以前に新規検査を受けた車両
重課…新規検査から13年を経過した車両(概ね20%増)

●四輪の軽自動車
乗用(5ナンバー)
・営業用…6,900円(旧5,500円、重課8,200円)
・自家用…10,800円(旧7,200円、重課12,900円)
貨物(4ナンバー)
・業務用…3,800円(旧3,000円、重課4,500円)
・自家用…5,000円(旧4,000円、重課6,000円)

●原動機付自転車
50cc以下…2,000円
50cc超 90cc以下…2,000円
90cc超125cc以下…2,400円
三輪の原動機付自転車(20cc超)…3,700円

●小型特殊自動車
農耕業作業用(トラクターやコンバインなど)…2,400円
特殊作業用車(フォークリフト等)…5,900円

●二輪の軽自動車
125cc超250cc以下…3,600円

●二輪の小型自動車
250ccを超えるもの…6,000円

●雪上を走行するもの

(スノーモービルなど)…3,600円

●三輪の軽自動車

(20cc超)…3,700円

この他、エコカー減税というものがあり、環境負荷の小さい車両については軽課となる場合があります。

軽自動車税納税証明書

車検や車を売る際に必要な書類として『自動車税納税証明書』というものがあります。
毎年5月に支払う自動車税の領収書が自動車税納税証明書になります(現金で納める方)。
口座振替の場合は、別途郵送されます。

もし、領収書をなくしてしまった!という場合は再発行が可能です。
・再発行場所…各市町村の納税課
・必要なもの…車検証、印鑑、身分証明証
・費用…自治体によって異なるため、各自治体にお問い合わせください。
・注意点…軽自動車税が納税されていれば即発行してもらえますが、滞納がある場合は納税しないと発行されません。

ちなみに著者が住んでいる自治体(千葉県の某市役所)では、軽自動車税納税証明書は、無料で取得することができます。市役所の証明発行窓口で以前、無料で取得したことがありますので、ご参考までに。

 

以上、軽自動車税についてでした。