ここでは、「入湯税」についてご紹介しています。入湯税とは、簡単に説明すると観光などでお客さんが温泉に入るときに支払う税金になります。

旅館やホテルなどに宿泊するときなど、ルーム代や食事代などでには目がいきますが、ついつい忘れがちなのがこの入湯税です。

まさか温泉に入るときにまで税金を払っていたなんで知らなかった!という方もいるかもしれません。

今度旅館などに宿泊するときには、領収証をチェックしてみましょう。しっかりと入湯税を支払っていることが確認できるはずです。

ということで、ここでは「入湯税」に関する情報をご紹介していきますので、ぜひ読んでみてください。

入湯税とは

温泉に入って会計を精算するとき、私たちは入湯税という税金を払っています。

入湯税の金額は僅か150円ほどで、気にもせずに支払いをしていますが払った税金は何に、どんな目的で使われているのでしょうか。

詳しく調べてみると、地方税法第4章 目的税 第4節 入湯税第701条に記載、

「鉱泉浴場所在の市町村は、環境衛生施設、鉱泉源の保護管理施設及び消防施設その他消防活動に必要な施設の整備並びに観光
の振興(観光施設の整備を含む。)に要する費用に充てるため、鉱泉浴場における入湯に対し、入湯客に入湯税を課するものとする」とあります。

要するに入湯税とは、”温泉のある市町村の施設整備にかかる費用”に充てるということ。

さらに分かりやすく表現すると、「温泉施設を建築するためにかかる費用」「温泉の掘り出しにかかる費用」「温泉施設の修築にかかる費用」ということです。

全ては温泉施設で必要とされる費用に使うということになります。

入湯税 納税義務者・申告

入湯客から支払われた入湯税は、それぞれの浴場経営者らが入湯税納付義務を負い、納税します。

特別徴収義務者にあたる経営者は、温泉を利用した入湯客から支払われた入湯税の1ヵ月分を納税する義務を生じます。

納税は、今月分を来月納付という形で納付します。

 

入湯税 税率

入湯税の税率は第4節 入湯税第701条の2より、「湯税の税率は、入湯客1人1日について、150円を標準とするものとする。」
とあるように、殆どの自治体が150円と、税条例に記載されてます。

ですが大抵は、日帰りの場合は1人1回につき70円~150円で、宿泊客の場合は1人1日につき150円~300円、としているよ
うで、それぞれの自治体で違うように、税額や減免・免除措置などは各自治体にお任せ、ということです。